名古屋市で審美歯科をご希望ならたかぎ歯科医院へ

名古屋市北区のたかぎ歯科医院

0529128241
WEB予約

審美歯科

審美歯科とはその名の通り、審美面に焦点を当てた総合的な歯科治療のことです。当院では、歯の欠損部を補うための詰め物・被せ物治療、健康な歯を白く綺麗にするデンタルエステを取り扱っております。
デンタルエステについてはこちら
詰め物・被せ物治療においては、天然歯と変わらない色の素材を使用することによって、治療痕が一切気にならなくなります。また、審美歯科治療で使用する素材は美しいだけではなく、身体にやさしい素材でもあります。保険治療で使われる金属歯が原因で金属アレルギーを発症される方もいらっしゃり、最近では健康面を気にして審美歯科治療を希望される方も増えてきました。
当院では、保険治療・審美歯科治療についてのメリット・デメリットをしっかり説明した上で、最終的な判断は患者さんにゆだねています。

当院での審美歯科治療

当院での審美歯科治療

当院での審美歯科治療は、素材はもちろん、使用する設備にもこだわっております。治療時は必ずマイクロスコープを使用し、肉眼では見えない部分までしっかりと確認した上で、時間をかけて丁寧に治療を行います。審美歯科治療は保険が適用されないため高額になりますが、その分長持ちさせることが可能です。メンテナンスのため、治療後の定期健診もお願いしています。

※表記の料金は全て税別・1本あたりの料金です。

コンポジットレジン

30,000~50,000円

コンポジットレジンとは、歯科専用の白い合成樹脂でできており、保険治療でも詰め物として使われている素材です。当院の審美歯科治療で使用するコンポジットレジンは、保険適用のものよりもさらに耐久性がアップし、審美面にも優れています。また、前歯のかけている部分の治療やすきっ歯が気になる方に対しては、直接お口の中で歯の形を作って修復を行う「ダイレクトボンディング」という治療を行います。歯を削る必要がありませんので、身体にもやさしい治療法です。耐久性にやや欠けますので、噛む力が強い奥歯への使用はお薦めできません。また、進行が進んだ大きな虫歯の場合も、適応できない場合があります。

セラミックインレー

90,000円

詰め物にセラミック(陶器)を使用する治療法です。透明感があり変色しにくく、コンポジットレジンよりも耐久性に優れています。そのため、奥歯の治療や比較的大きめの虫歯に使用されることが多いです。セラミックインレーには、レジン(プラスチック素材)とセラミックを混ぜ合わせた「ハイブリッドセラミック」と、セラミックのみでつくられた「オールセラミック」がありますが、当院では審美面・耐久面ともに優れている「オールセラミック」のみを使用しています。セラミックインレーは、時間の経過により変色することがありませんので、メンテナンスを怠らなければ、かなり長い期間、天然歯と変わらない役割を果たしてくれます。

ゴールドクラウン

90,000円

被せ物の素材にゴールド(金合金や白金加金)を使用します。金属アレルギーの原因となる「金属の溶け出し」がほとんど起こらない金属を使用しますので、身体にやさしい素材です。見た目が目立つので、奥歯の治療によく使われます。自費治療の中では比較的安価でご利用いただけるのと、耐久性はセラミック素材よりも優れているため、奥歯の治療で機能面を重視される方には特にお薦めの素材です。

メタルボンドクラウン

130,000円

金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。セラミックだけだとやや耐久性に劣るデメリットを、金属フレームを使うことでクリアしています。金属アレルギー対策として、身体にやさしい金属素材を使用しているので安全です。また、表面はセラミックのため、見た目は天然歯をほぼそのまま再現できます。前歯から奥歯まであらゆる歯に適用できる他、ブリッジにも対応しています。但し、歯の位置によっては金属部分が見えることがあります。特に前歯の場合は、歯の裏側が金属になりますので、見た目を重視される方は、オールセラミッククラウンをお薦めします。

セラミッククラウン

130,000円

その名の通り、セラミックでつくられた被せ物です。透明感があり変色しづらく、審美面では1番優れています。一切金属を使いませんので金属アレルギーの心配はありません。耐久性では一歩劣りますが、前歯~小臼歯までは噛む力も比較的弱いため、歯ぎしりや食いしばり等がなければ特に問題はありません。また、セラミックは汚れが付着しづらく、ケアが比較的容易です。前から4~5番目の歯まではオールセラミッククラウン、見た目をそこまで気にしなくても良い、かつ耐久性が必要となる奥歯はメタルボンドクラウン、という感じで使い分けることが多いです。

ファイバーポスト

20,000円

根管治療を施した歯に対してクラウンを被せる際、クラウンを支えるための支柱(コア)が必要になります。通常は金属製のコアを使用するのですが、当院の審美歯科治療においては、身体にやさしいファイバーポストコアを使用しています。FRC(ガラス繊維強化樹脂)で造られており、しなる性質があるため、金属に比べて歯が割れにくいというメリットがあります。

ページトップへ